1. HOME
  2. 土地・物件探しのヒント
  3. 北向きと南向き、どちらの土地が良い?土地の正しい選び方

土地・物件探しのヒント

土地・物件探しのこと

北向きと南向き、どちらの土地が良い?土地の正しい選び方

2016年01月12日

北向きと南向き、どちらの土地が良い?土地の正しい選び方

家づくりで苦労したことは?と聞くと「土地探し」と答える方も多いくらい、土地探しには色々な落とし穴があります。
土地探しをする際に必ずみなさんがご希望条件に入れるのが「南向き」というキーワードです。
しかし、ただ単に南向きに限定して土地を探すと失敗する場合もありますので、南向き・北向きのメリット・デメリットを
理解したうえで土地探しすることがポイントです。

南向きの土地のメリット
・限られた土地の広さでも南側の日当たりが確保できる
・雪が溶けやすい
南向きの土地のデメリット
・一番日当たりの良い南側に玄関がきてしまう
・お庭でのバーベキューなど道路から丸見えでプライバシーが確保しずらい
・北向きより価格が高い

北向きの土地のメリット
・お庭が道路に面していなのでプライベート空間になる
・玄関が道路面の北側にあるため南側にリビングやダイニングなどのスペースが広く確保でき、日当たりの良い時間が長い
・南向きより価格を抑えられる
北向きの土地のデメリット
・奥行のある土地でないと日当たりが確保できない
・道路面の雪が溶けづらい

9d39415e6eb6da5846cde76c76466dcfd2e5970f.jpg

このようにそれぞれメリット、デメリットがありますが、ポイントとしておさえて頂きたいのは
南向きの土地だけが必ずしも良いとは限らないということです。

例えば、『地下鉄徒歩10分の好立地で30坪980万円南向き』という一見お得な土地の情報。
面積は少し小さいけど、南向きで日当たりも良さそうだし・・・
でも、実際は都心部でたくさんの建物が建っているため、お隣とのお家同士の距離が近いため
朝陽や夕日はお隣さんの陰に隠れてしまい、実際に日当たりが良いのは12:00~15:00のたった3時間だけだった・・・。
というような失敗事例はたくさんあります。

まとめまてみると、地下鉄やJRなどの徒歩圏内の好立地な土地は、面積が小さい土地が多いため
南向きがおすすめ、価格やお庭でのプライベート感を大切にした郊外派の場合は、広い土地も多く、
お隣さんとの距離も保たれているため、北向きでお得にお家を建てることをおススメします。

このように立地条件や周辺環境、車の数や間取りのご要望によっておススメも変わってきますので、
土地だけを探すのではなく、必ず建物などについても同時進行でお話をしたほうが良いです☆
また、それぞれのメリットとデメリットを土地探しの優先順位と合わせて、総合的に判断していくことが重要になります。