1. HOME
  2. 土地・物件探しのヒント
  3. 住宅ローンを借りられる人・借りられない人

土地・物件探しのヒント

お金のこと

住宅ローンを借りられる人・借りられない人

2016年08月22日

住宅ローンを借りられる人・借りられない人

最近は、住宅ローンの審査に落ちる人がすごく増えています。
ローン審査に落ちる人と通る人は一体何が違うのでしょうか。
今回は、住宅ローン審査に通るために知っておきたいポイントをご紹介します。


①過去3年以内に転職している

②過去3年以内に病気で診察・検査・投薬等を受けた

③車のローンやクレジットカードなどの支払いを遅れたことが過去5年で2回以上ある

④クレジットカードの枚数が10枚以上ある

⑤携帯電話の支払いを滞納・延滞したことがある

⑥年金の支払いを滞納したことがある

⑦自己破産や債務整理をしたことがある

⑧クレジットカードのキャッシング機能を利用したことがある

⑨自営業で年収売上を抑えて申告している

⑩誰かの連帯保証人になっている

上記の①~⑩の中で1つでも該当する場合は住宅ローンが借りられない可能性があるのです。
ただ、実際のところは審査を出してみないとわからないので、
どの金融機関でも良いので、一度ローン審査にチャレンジしてみることが重要です!

住宅ローンの事前審査について、以下の質問を多く耳にします。
「まだ建てると決まったわけじゃないのに審査出来るの?」
「審査するためには銀行に直接行けば良いの?」
「どの銀行で審査してもらえば良いの?」
などです。

家づくりは、そもそも借りられるかどうかがわかないと、
いつ、どのくらいの予算で、どのエリアで建てるか計画も建てられないので、
今すぐ建てる方でなくても審査は可能ですし、もちろん無料です。

また、直接金融機関に出向いて住宅ローンの相談をされても大丈夫ですが、
職業や年収、家族構成など、その方に合った住宅ローンがどれなのか相談してから審査された方が、
将来の計画にお役立てしやすいので、住宅会社やリフォーム会社に一度相談してみると
わかりやすいかと思います。

新築戸建て、中古マンション・戸建などどんな家づくりでも
ファーストステップは住宅ローンの事前審査だと言われています。
もしも、審査に通らなかったとしても、その後の対策次第で
数か月~数年後には借りられるケースもたくさんありますので、不安がある方でも
ぜひお気軽にご相談ください。