1. HOME
  2. 土地・物件探しのヒント
  3. 火災保険~今後の大切な備え~

土地・物件探しのヒント

防災のこと

火災保険~今後の大切な備え~

2019年09月10日

火災保険~今後の大切な備え~

住宅ローンを借入する場合、ほとんどの金融機関が火災保険の加入を義務づけています。


【なぜ火災保険にはいるの?】
住宅ローンを返済している最中に、火事や災害で家が全焼・全壊してしまうこともあります。
そんな時に保険に入っていなかった場合、多額の負債だけが残り大変な状況になってしまいます。その為、お金を借りた側も、貸した側も困ることの無いように、火災保険の加入を義務付けている金融機関が多いのです。


【火災保険が適用される災害って?】
基本的に火災保険は、火災による家の損害のみに対応しています。
その他の災害による損害については、保険によって変化してきます。また、火災による家財の損傷や損害が生じた場合も保険適用になることがありますので、詳しくは保険会社へお問い合わせください。


【火災保険に加入するタイミング】
火災保険に加入するタイミングは、お引き渡しの前に行います。建築中の火災については、ハウスメーカーで保険をかけていますが、お引き渡しをしたら自分の所有物となるため、お引き渡し前に火災保険へ加入します。
火災保険は10年ごとの更新で、一括で保険料を支払いします。保険料については、その保険やオプションによって異なってきます。


【地震保険】
前途したように、火災保険はあくまでも火災のみの保証です。しかし、近年地震による家屋の倒壊や、津波による流失などが多くなっています。そのため、地震保険も同時に加入されることをお勧めします。
一般的な地震保険は、火災保険の補償額の半分が上限ですので、万が一地震で家が全壊しても保険金ですべてを賄うことはできません。


火災保険・地震保険の補償内容については、家計と相談し決めるのがベストでしょう。
しかし、災害なんて滅多に来ない、火事なんて気を付けていれば大丈夫、と思い込み保険に入らないのはリスクが高すぎます。
お財布にあった保険のライフプランを一度考えてみてはいかがでしょうか。